Diary 2020-08-29 花 と 本
目と心の栄養を、おすそ分け。 ・・・ 先日、広島の本屋さんで見つけて購入した一冊。 紹介されている古い写真(カラー)は、元は全てモノクロだったもの。 AIと人の力でカラー化されたことにより、改めて発見することが多々ある... 明日の準備をしながら、写真を一枚一枚目を凝らして見ている土曜日です。...続きを読む

Diary 2020-08-26 稲はがんばってる
先週半ばくらいから、夕方の風が少し違ってきた気がします。 家の前に出ると、稲がサワサワ。 穂もお辞儀をしてきて、ほんの少し黄色くなって。 これから来る台風が気になりますが、今のところ順調です。 だけど畑は土がカチカチで、野菜もヘナヘナ。 適度なお湿りがほしいところ。...続きを読む

Diary 2020-08-24 子ども雑誌『ちゃぐりん』夏号で書いてます
JAの子ども雑誌『ちゃぐりん』。野菜や食べ物こと、環境、歴史など、いろんなことが学べる雑誌です。 http://www.ienohikari.net/press/chagurin/ この7・8・9月号モノクロページ「いのちについて見つめよう」(3回)で、わたしも記事を書いています。 コロナのこともありますが、この数年「いのち」について様々考えることが多く、いのちを様々な角度から見...続きを読む

Diary 2020-08-23 児童文学者協会・子どもと平和の委員会 ブログ
今年度から、児童文学者協会の〈子どもと平和の委員会〉に参加することになりました。 8月から、委員の皆さんのメッセージ&自己紹介がスタートしています。  子どもと平和の委員会  委員長:西山利佳さん(埼玉在住) 委 員:くぼひできさん(広島在住)    :小手鞠るいさん(ニューヨーク在住)    :指田 和(埼玉在住)    :川満昭広さんj(沖縄在住) ...続きを読む

Diary 2020-08-22 広島本大賞・特別賞受賞に寄せて 瞬間移動..
この春にいただいた、広島本大賞の特別賞。 コロナの影響で授賞式がなくなりましたが、先日、心のこもった記念品が届きました。宮島のおしゃもじ! せっかくなので、それを活用して「いっちょやったるかー!」というか、楽しんで動画を。 おひまなときにご笑覧ください。(広島本大賞のtwitter) https://twitter.com/hirobooktaisho?ref_src=tw...続きを読む

Diary 2020-08-21 8.30 秩父ユネスコ協会 で講演を
残暑(というより酷暑)お見舞い 申し上げます   人の事は積極的にやるのに、自分のこととなると、つい後回しになる性分で、我ながら困ったものです。 この3月に開催予定だった催しが、コロナの影響で8月末に延期になりました。 私の話はさておき、若い方々・高校生たちの活動発表が目玉、楽しみです。 平和やいのちを考える=オール世代で考えていくべきことですし、次の世代の...続きを読む

Diary 2020-04-06 「広島本大賞2020」の特別賞に 
遅ればせながら... 実は3月21日に発表になった今年の広島本大賞で、『ヒロシマ 消えたかぞく』が特別賞をいただきました。 広島本大賞にかかわるタウン誌、書店、古書店、図書館など、様々に本に関わる方々の投票あっての受賞です。ほんとうにありがとうございました。 たまたま仕事のタイミングで広島にいたので、帰りがけに時間の許す限り市内の書店さんにご挨拶させていただきました。 帰り...続きを読む

Diary 2020-04-04 4/5のNHKスペシャルで ヒロシマ関連
3月は3.11前後に岩手へ、そして20日前後には広島へと出かけていました。 様々なお手伝いや取材、収録など。   新型コロナのことで落ち着かない日々ですが、広島エリアの方々、 もしお時間が許せば、じっくりご覧いただければ幸いです。   NHK広島放送局  シリーズ【被爆75年 次世代へのメッセージ】第4回  NHKスペシャル「&r...続きを読む

Diary 2020-01-25 ヒロシマ関連のお知らせを二つ
●2011年春に出版した絵本『海をわたったヒロシマの人形』(文研出版)。 広島平和記念資料館の新着資料展で展示されていたものを偶然見て、その古い小さな手作り風の人形がたどった、海をこえた長い旅(日本とアメリカ)の実話を取材・描いたもの。 展示の都合で、その後その人形を見ることがなかなかできなかったのですが、つい先日、平和資料館から連絡をいただきました。   以前、指田さんが絵本に...続きを読む

Diary 2020-01-21 この世界の 片隅に ...
先日、『この世界の さらにいくつもの  片隅に』を観に行ってきました。 それぞれの人物像、輪郭がよりくっきり浮かび上がって、とても良かったです。 1作目を記憶で辿りつつ、さらに目を凝らしてヒロシマや呉の風景を観、すずさんやリンさんに感情移入もして...。 小さく短く書かれた副題を、わたしはこんな風によみました。〈それぞれが抱える、こころのひみつ。時に笑い、ともに泣き、ひ...続きを読む